暮らしのアレこれ見て・学んでお得な情報満載! みたまち学校

パパっとキレイ!トイレのお掃除



トイレは「汚れになる前にそうじをする」ことが大切。
使うたびに、手の届く範囲をサッとひとふきしたり、水を流しながらトイレブラシでこすったりを習慣にしましょう。
特にこぼれた小水は、乾いてしまうと悪臭の元になるので、すぐふき取ってください。





便座・便ふた


水でぬらして固く絞ったや若い布に台所用中性洗剤をつけて便座の表面をふきます。
その後、水ぶきをします。
同様に便ふたの表裏と便座の裏側をふきます。


 

便座・便ふたのすき間


便座取付面は小水が入り込んで黄ばんだ汚れがつき、悪臭の原因になりやすいところです。
時間があるときは外してそうじしましょう。
◆ 便座・便ふた着脱でとりはずします
  (取り外し方・つけ方は取扱説明書をご覧ください。
  商品によっては便座を取り外せません)。
◆ 水でぬらして固く絞った柔らかい布に台所用中性洗剤をつけてふき、
  水ぶきをします。細かいところは、綿棒を使います。


 

ノズル


◆ ノズルおそうじ機能付のものは、電源を入れて「ノズルそうじ 入/切 」
  スイッチを押し、ノズルを出します。
◆ 通常は水ぶきで十分。
  汚れがひどいときは、水でぬらして固く絞った柔らかい布に台所用中性洗剤
  をつけてふき、水ぶきします。
  ノズルの先端を無理に引っ張ったり回したりしないようにします。
◆ スイッチを押してノズルを収納します。


《注意!》
・ウォシュレットやウォームレットには、電子部品が入っているので水をかけるのは厳禁です。
・プラスチック素材が使われているため、酸性やアルカリ性の洗剤でふくと割れるおそれがあります。
・乾いた布でふかないでください。便座・便ふたなどの表面に傷がつく原因になります。
 また、静電気でホコリを吸い寄せてしまいます。
 



 
◆ 中性洗剤をブラシにつけ、内側とフチ裏をこすり洗いします。
  届きにくい場合は靴用ブラシで、傷つけないようにやさしく洗います。
◆ 水でぬらして固く絞った布に、中性洗剤をつかてフチの裏側をふき、
  水ぶきします。

《注意!》
便器そうじに使った洗剤がウォシュレット(プラスチック部)についてしまったときは、水でぬらして固く絞った柔らかい布でしっかりふき取ってください。


 



 
◆ タンク内に落とさないように、ホコリやゴミを取り除きます。
◆ 中性洗剤をスポンジにつけて洗い、水ふきします。
★ 水栓金具に水あかがこいりついてしまったら、歯ブラシにクリーナーをつけ、
  傷つけないようにこすり落とします。
  一度で落ちないときは、時間をおきながら4〜5回繰り返し、
  水ぶきして、からぶきします。


《注意!》
・洗剤がタンク内に入ってしまったときは、便器洗浄操作により、タンクの水を入れ替えてください。
そのままにしておくとタンクの内部部品を傷め、故障の原因になることがあります。
・酸性 / アルカリ性洗剤は使用しないでください。
 タンクの内部部品を傷め、故障の原因になることがあります。
 



 
小水がこぼれたものが乾くと悪臭の元になるので、こまめにチェックするようにしましょう。
◆ 洗剤つきウェットペーパーか水でぬらして固く絞った布に中性洗剤を
  つけたものでふきます。
◆ 割り箸に布を巻きついたもので、便器と床のすき間の汚れや水分を
  取り除きます。
◆ 水ぶきし、からぶきします。


 



 
◆ 洗面器などに中性洗剤を入れ、キッチンペーパーをひたし、汚れの部分に
  はりつけて3分おきます。
  ウォシュレットにはつけないように注意してください。
◆ ペーパーをはずして、ブラシでこすり洗いし、洗浄成分を流します。
◆ 落ちないときは、割り箸に布を巻いたものに中性洗剤をつけて、
  少しずつこすって落とし、仕上げに水を流します。


 



TOTO きらりあ水栓用 蛇口のまわりのクリーナー
水栓金具やステンレス製シンク・カウンターに付着した、しつこい水あかや水滴あとをミクロ研磨粒子&お手入れクロスのW効果で落とします。

定価:1,100円(税別)
TOTO Webショップ