暮らしのアレこれ見て・学んでお得な情報満載! みたまち学校

衣類等の洗濯表示が変わりました


 
 
平成28年12月1日より衣類などに付けられている洗濯の方法を示す表示が、国際基準に合わせて変更されました。
表示方法は22種類から41種類に増えますが、これにより繊維製品の取り扱いに関するよりきめ細かい情報が提供されるようになり、洗濯によって衣類などが縮む、色落ちするなどの洗濯トラブルが減ることが期待されます。
また、国内外で洗濯表示が統一されることにより、海外で購入した衣類等の繊維製品の取り扱いが円滑になると考えられています。

平成28年11月30日までに変更前の洗濯表示が付いている衣類等の繊維商品は、平成28年12月以降もそのままの表示で販売されているので、当面の間、店頭では変更前の表示と新しい表示が混在することとなります。
 

新しい「洗濯表示」のポイント

「基本記号」と「付加記号」や「数字」の組み合わせで構成されます。
 

5つの基本記号


 
 

付加記号と数字

文字だけではなく、記号と数字で強さや温度、禁止を表します。
 

 

もっとくわしく知りたい方は、消費者庁のホームページをご覧ください。
消費者庁:新しい洗濯表示
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/household_goods/
laundry_symbols.html

 
消費者庁:洗濯表示早見表(PDF)
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/household_goods/pdf/
laundry_symbols_161128_0002.pdf



出典:消費者庁ウェブサイト http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/household_goods/pdf/
laundry_symbols_161104_0001.pdfを加工して作成